※お子様がテニスをしているお父様、お母様必見! ジュニアのシューズについて


みなさん、こんにちは。もうりです。

 

今日は、ジュニアのお子様をお持ちのお父様、お母様、ぜひ読んでいただいてお役に立てればと思います!!

 

ジュニアシューズについて

 

とある調査によりますと…

千葉県の幼稚園に通うお子様293名の内、

4%:外反母趾

47%:浮き指(足指が地面に接していない状態)

70%:内反小肢(小指の変形)

とのことです。

 

成長段階のお子様の骨や筋肉は、大人に比べてまだまだ柔らかいのです。

 

 

しかしながら、お子様のシューズを選ぶとき…

■「どうせ、すぐに背も足も伸びるから今は大きめだけど、大きめのシューズにしておこう」

と思ってしまっていたり…

 

■お子様本人も、指をまげて小さくなったシューズをそのまま履いていたりしていませんか?

 

 

 

サイズが合っていない、大きすぎるシューズはケガや足の変形を誘発してしまい、やがて足の障害につながってしまうのです…

 

 

しかし、子供用シューズは2種類ありまして。

・ベルクロ(だいたい18㎝~22㎝くらい)タイプ

メリット:マジックテープでの脱着の為、着脱が楽。

デメリット:緩みやすく、ホールドが甘くなってしまう。マジックテープがくたびれてしまう。

 

・シューレース(靴紐 だいたい20㎝~24cmくらい)タイプ

メリット:一般のシューズと同じくホールド感がよい。

デメリット:靴紐ですので、うまく結べずにテニスのプレー中によく紐がほどけてしまうことが多く、お子様自身にもストレスが。

 

自分自身もレッスンして感じますが、小学校低学年の子供はもちろん、高学年の子供も、なかなか靴紐ってうまく結べなくて、走るたびにほどけたりするとイライラする子も出てきますよね。

本来は、靴紐タイプがいいのはわかっているのですが…つい子供目線で考えるとベルクロがいいなあと思っちゃいますよね(汗)

 

そこで、今回ご紹介するWILSONのジュニア用シューズがこちら!!

RUSH PRO JR QL

http://www.310shop.net/fs/santoshop/gd4403

 

 

SALOMON社の特許テクノロジーであるQuicklace™ Systemを採用したジュニア用テニスフットウエア。
Quicklaceは「結ばない靴紐」で、SALOMONのトレイルランニングのほぼ全てのシューズに採用されています。
誰でも簡単に、正確に紐を締める事ができ、余った紐はシュータンの中に収納する事ができます。
17.9cm-24.0cmのサイズ展開なので、まだシューレースを結ぶことが出来ないキッズから、小学校高学年くらいのジュニアまで幅広い年代のプレイヤーに対応する事が出来ます。

 

靴紐タイプなのに、結ばないでいいってよくないですか!?

そして、ちゃんと絡まないように余った紐も収納できますし。

 

さらに、オススメなのはサイズ展開☆

 

17.9cm
18.7cm
19.5cm
19.9cm
20.3cm
20.7cm
21.1cm
21.5cm
22.0cm
22.5cm
23.0cm
23.5cm
24.0cm

 

 

 

ん?

と、思いますよね?

 

特に小さいサイズのサイズ展開…

 

これは、子供の成長の足のサイズのデータをもとにはじき出されたサイズ展開とのこと。

すぐ成長するお子様にとって、できるだけ足の変形が起きないように、ケガにもつながらないようにWILSONが考えに考え抜いて出したサイズ展開がこちらです。

それに、僕は感動を覚えました。すごい!!

 

 

 

 

サントピアテニスパークでは、現在WILSON様のご厚意により、こちらのシューズの「お試し」が可能です♪

 

試しに、お子様に履いていただき実感をされてみませんか?

 

 

ご不明な点がございましたら、フロントまたはショップ担当スタッフまでお問い合わせください。